Archive for the ‘未分類’ Category

家庭内離婚とは

 

gf0640255792l

 

 

 

家庭内離婚とはいわゆる家庭内別居の事で、一つ屋根の下で一緒に暮らしてはいるものの、ほとんど会話はなく、限りなく他人に近い状態で暮らしている夫婦の状態の事です。
夫婦のすれ違いが進むと、食事を用意したりすることも無くなり、洗濯や掃除なども別々に行う場合があります。
それならどうして別れないのかと、疑問に思う人も当然いるでしょう。
しかしこのような形の夫婦関係を望む人というのは、別れる為の行動に移るのが億劫であったり、金銭的な足かせがある場合がほとんどです。
実際に、結婚生活を止めようと思ったら、役所に届出をしてから年金の変更手続きをしたり、氏名が変われば銀行などにも足を運ばなくてはいけません。
また財産分与や慰謝料の計算をしたり、未成年の子供がいる場合は親権をどうするか、養育費はどうするかといった問題が出てきます。
これらを行うには、結婚した時の何倍ものエネルギーを必要とします。
それを思うと、なかなか行動に踏み切れないという人も多いのでしょう。
また、案外お互いに割り切った関係に慣れてしまえば、他人と生活するよりも気を使わなくて済み、適度な距離感で良好な関係を保つ事も起こり得ます。
その人たちには生活しやすい夫婦のあり方なのでしょう。

コンビニ離婚とは

 

gf0640255792l

 

 

結婚を決めたときは末永く幸せな家庭を築いていく気持ちがあっても、実際に一緒に住んでみると理想とは違う結婚生活を送ることも少なくありません。

そして、不満があっても乗り越えながら家庭を築いていく夫婦も多いですが、なかには短期間に別れてしまう例もあります。

別れてしまう原因も様々な理由がありますが、最近はコンビニ離婚という言葉も使われるようになっています。

今の時代は女性も忙しくしていることが多いですし、独身時代は一人暮らしで生活されている女性も珍しくありませんが、料理を学ばすにコンビニ弁当など出来合いのものを中心の食生活を続けてきたい人は、結婚後もそのまま変わらずに食事にコンビニ弁当やスーパーで購入した惣菜ばかり並べてしまうこともあるようです。 今は女性も外で活躍する時代ですので、共働きの場合はたまにはこういったことがあっても仕方ないですが、それが毎日続くとやはり苦痛に感じるようになりますし、栄養のバランスも崩れてしまうことになります。

家庭的な手料理を期待していた人はやはり失望してしまうかもしれません。

そしてコンビニという言葉には手軽という意味も含まれており、簡単に手軽に別れてしまうという意味も込められているようです。

介護離婚とは

 

gf0640255792l

 

 

介護離婚という言葉を耳にすることが多くなってきました。
これは夫側・妻側、いずれかの親の介護が原因となって婚姻関係を解消するに至ることを言います。たとえば夫の親の介護を妻が全てまかされ、他からの協力も仰げず、精神的・肉体的疲労がたまってそこから抜け出したいがために別れを決意するというケースがあります。また妻(または妻が)親の介護のために実家に戻り別居生活をはじめたところ、それが何年・何十年と続いたことにより事実上の別居状態となり、別れにつながるケースもすくなくありません。
これらは大抵親の介護が必要となる50代~60代の夫婦に起きるために、10年・20年と連れ添ったあとの熟年での別れとなるケースが多いです。
共働きが多い現代でありながらも、家事・育児・介護は妻の仕事と考える男性がまだまだ多いということも原因の一つといえます。介護にはお金が必要であり、かといって子供が少ない現代では一人の子供がその親の世話を一手にひきうけなくてはいけない場合が少なくありません。特に夫・妻の双方が一人っ子である場合などは互いに相当の負担が強いられてしまうのです。
少子高齢化かかかえる問題とも密接にからみあっており、介護保険制度がスタートしたものの、介護問題はまだまだ多くのひとが抱える悩みの一つだといえるでしょう。

震災離婚とは

 

gf0640255792l

 

 

思いもしない大きな天災で、今までの生活を一気に失ってしまったなど、聞くに堪えない、震災の酷い多くの状況に、誰もが胸の痛む思いでいっぱいになります。そんな重要な時に、人によっては何もかも、家屋や生活に関る一切のものが、無くなってしまった状況であるのに、妻を置いて逃げたなどといった、非常識な出来事さえ起こってきています。こんな大変な時に、一番頼りたいのは夫であり、家族なのですから、置いて行かれた側は、精神的にどれ程の苦痛を味わうかと察せられます。自分の妻である相手が、生きていて、何処に居るのかを知っていながら、放置して生活を共にせず、従って、生活の基盤である金銭的なことまで無視して、妻を置いて逃げたという状況とは、妻への遺棄に当ります。よく死体遺棄という言葉がありますが、遺棄された人が生きている場合に使われるのが、単に遺棄なのです。こういったケースがあることで、それは震災離婚とも呼ばれていて、天災により多大な被害があった上に、妻を置いて逃げたなどといった、これ程までの、苦痛を味わなければならない人にとっては、心情察し余るものがあります。結婚生活の維持を、自ら放棄している行為なので、これはそれ相応の処置が考えられます。

近年の離婚の傾向について

gf0640255792l

 

 

ここでは近年の離婚の傾向についてお話していきます。最近原因としてよく多いのが浮気、DV、性格の不一致があげられます。
まず浮気問題ですが、長年同じ人と暮らしているとどうしても飽きてしまったり、刺激を求めたりします。特に共働きですと二人が一緒にいる時間が少なくなってしまって次第にコミュニケーション不足になって他の人に気持ちをむけてしまう事になります。
気持ちが向いてしまうと浮気にはしってしまい、それがいずればれて別れるという事が多いです。コミュニケーションを夫婦間でしっかりしていく事が大事になってきます。
そしてDVも問題です。仕事のストレスや子供が出来た事でのストレスなどが重なったりしてDVにはしってしまう人もいます。精神的な問題というのも大きいですし、すぐにカッとなってしまうのを食い止めなければこれからもますます増えてしまいます。また、ストレスをうまく改善する事も大事になってきます。
最後に性格不一致によって別れるケースです。これも近年増えてきています。結婚する前までは順調でもいざ一緒に住むとなると今までに知らない性格の部分が徐々に表れてきて、それにたえきれない場合は別れてしまう事になってしまいます。

財産を守る

 

gf0640255792l

 

 

 

現在、三人に一人の割合で離婚する夫婦がいるようです。

その原因は、それぞれ様々ですが、もし離婚危機になった場合、妻は、離婚後の生活のために 夫の財産を手にいれようとする場合もあります。

例えば、勝手に知らない間に、夫の口座から金銭を引き出してしまったりする女性もいます。 この場合、諦めるしかないのかと思いがちですが、そうではありません。

もし、夫の口座から引き出されてしまったとしても、民事訴訟法186条というのがあり、これをもとに、裁判所に訴えて、 金銭の流れを調べて、取り戻すことも出来ます。

金銭問題は、こじれた夫婦になると、互いの出方次第では悪い方向へ向かい、結局、全てのものを妻にとられてしまうということにもなりかねません。

これを防ぐためにも、やはり離婚は回避するべきなのがベストですが、どうしてもそうはいかないものです。 そうなった場合でも、夫婦の間で、話し合いをして、勝手に口座から引き出されないようにしておきましょう。

しかし、どうしても話し合いで解決しなかった場合でも、上のような法律があるので、困った場合は弁護士などに相談して、法律に伴って取り戻すようにしましょう。

短絡的に転職しない

 

gf0640255792l

 

 

人間生活してたら仕事もしなければならないし、仕事や付き合い等でストレスも貯まる事も有ります。しかしちょっとしたストレスなら一晩寝たら忘れる事も多いです。しかしそれも積み重なると(我慢の限界を超える)、思わず仕事を辞めてしまいたくなる事も有ります。しかしちょっと待って下さい、ちょっとだけ時間の余裕、心の余裕を持ってみれば我慢できる事も沢山有ります。それにその度に仕事を辞めていたら、自分自身も成長出来ません。あくまでも仕事はその人の為にやっている訳では有りませんので、仕事の中で試行錯誤してスキルを上げていけば仕事は楽しく感じられる時が来るかもしれません。どうしてもこの仕事は自分に合わない、やりたい事とは違うと思ったら辞めるのは仕方有りません。しかし転職するにしても、自分の希望や目標をしっかり定めて行き先を決める時間の余裕も必要です。現在は自分の希望通りの仕事に就くのは大変難しい事ですが、自分の適性を知り適性に合った仕事に就く事も非常に大切な事です。じっくり自分を見直し、希望や適性を考えて自分に合った仕事を探す事はすぐに出来る事では無く時間は必要です。今の仕事を続けながら、自分を見直していくのも大事ではないのでしょうか。

妻の離活から身を守るには

 

gf0640255792l

 

夫が定年退職を迎えた瞬間に、妻が夫に離婚をつきつけることが多くなっているのです。こうした熟年離婚は日本では珍しくなくなってしまいました。熟年離婚の原因の多くは、封建的な夫の態度にあると言えます。子育ての時期に全く家庭を顧みず、子育てを放棄し仕事ばかりにのめり込んでいた、仕事から帰って食事とお風呂の用意がなされていないと激昂する、嫁は夫の二歩も三歩も後ろで控えるべきといった考えで夫婦生活を送ってくると熟年になって離婚を突きつけられる可能性が高いと言えるのです。女性はしたたかで、執念深いので、いざ離婚となった時には、多くのタンス預金とともに忽然と自分の前から姿を消してしまいます。老後にこうした番狂わせにあわないために、日ごろの生活に緊張感を持ち、奥さんを立てて大事にすることを忘れてはいけません。女性は毎日の生活のなかで夫の優しさや思いやりを感じていたら、絶対に熟年になって離婚を突きつける様なことはしないのです。奥さんがしんどそうにしているときは、皿洗いを率先してやってあげる、重いものを抱えていたら代わりに持ってあげる、たまにはありがとうなどのねぎらいの言葉をかける、誕生日にはバラのプレゼントを欠かさないなど、こうした誰でもできる気遣い、思いやりをきちんと表出することで、離婚は完全に回避できるものなのです。