財産を守る

 

gf0640255792l

 

 

 

現在、三人に一人の割合で離婚する夫婦がいるようです。

その原因は、それぞれ様々ですが、もし離婚危機になった場合、妻は、離婚後の生活のために 夫の財産を手にいれようとする場合もあります。

例えば、勝手に知らない間に、夫の口座から金銭を引き出してしまったりする女性もいます。 この場合、諦めるしかないのかと思いがちですが、そうではありません。

もし、夫の口座から引き出されてしまったとしても、民事訴訟法186条というのがあり、これをもとに、裁判所に訴えて、 金銭の流れを調べて、取り戻すことも出来ます。

金銭問題は、こじれた夫婦になると、互いの出方次第では悪い方向へ向かい、結局、全てのものを妻にとられてしまうということにもなりかねません。

これを防ぐためにも、やはり離婚は回避するべきなのがベストですが、どうしてもそうはいかないものです。 そうなった場合でも、夫婦の間で、話し合いをして、勝手に口座から引き出されないようにしておきましょう。

しかし、どうしても話し合いで解決しなかった場合でも、上のような法律があるので、困った場合は弁護士などに相談して、法律に伴って取り戻すようにしましょう。